ぼほるーとブログ

フィリピン・ボホール島に住むツアースタッフのブログです。

インフラ整備

フィリピンは日本と比べると未だにインフラの遅れが目立ちますが、ここ数年で随分整備が進んだように思います。
ボホールでもかなり道路整備が進んでいる上、インターネットも、WiFiの設備が良くなったのか、以前と比べて格段にスピードアップしています。

私が現在住んでいるのは、ボホールでもやや田舎のエリアですが、我が家周辺のインフラ上の課題としては、(家のすぐ前の)未舗装の道路と水道です。

道路については、ようやく舗装工事が始められ、現在工事の真っ最中。写真のようにほぼ手作業で、最初に片側半分を舗装し、後にもう片方を舗装します。

f:id:khgreen:20180616180224j:plain

f:id:khgreen:20180510164551j:plain

そんなことで完成にはかなりの時間が掛かりますが、それでも想像していたよりは、早いペースで進んでいるようです。

現在、工事の関係で我が家の門からは車の出し入れができず、近所の方の空きスペースに車を置かせてもらっている状況です。完成が待ち遠しいです・・。

水道については、設備の関係で、現在、一日数時間かそれ以上の断水があり、利用可能時でも水量は必要最低限といった感じです。

ただ、こちらも今、水道管の敷設工事が進められているので、これが完成すると24時間それなりの水量が使えるのかな、と期待しています。

まだまだ発展途上のフィリピンではありますが、今後のインフラ整備を楽しみにしたいと思っています。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

ウォーターバイク

ボホール島の観光名所の一つ、ランチクルーズで有名なロボック川ですが、最近、クルーズ船の船乗り場の近くにウォーターバイクというアクティビティがスタートしたので、先日試乗してきました!

f:id:khgreen:20180525110407j:plain

ウォーターバイクは、水上自転車と言えばいいのでしょうか、まさに自分でペダルを漕ぎながら川を移動していくものです。

体験できるウォーターバイクは、専用のバイクの他、既存の自転車にボートを付けた手作り感満載の改造バイクがあります。
料金は、専用バイク350ペソ、改造バイク300、それぞれ1時間が上限時間です。

(専用バイク)

f:id:khgreen:20180525111159j:plain

(改造バイク)

f:id:khgreen:20180525110434j:plain

改造バイクはかなり漕ぎづらそうだったので(実際に乗ってる人も真剣に漕いでる感じでした・・)、私は専用バイクでチャレンジ。

f:id:khgreen:20180525111336j:plain

進み方はゆっくりですが、ほとんど力もいらず、川を上る場合も多少漕ぎづらくなる程度なので、老若男女誰でも気軽に楽しめると思います。
方向転換も比較的簡単ですので、ストレスなく移動できます。

ただ、1時間近く漕いでいると、それなりにカロリーを消費するのか、汗びっしょりになってしまいました・・。運動不足解消にちょうどいいアクティビティかもしれません。

注意事項としましては、ガイドがいないので、自分自身で時間の管理をする必要があります。時計や携帯を忘れずにお持ちになることをお薦めします。

まさに水上サイクリングと言えるウォーターバイク、ぜひ一度体験されてみてはいかがでしょうか?
ツアー中ですと、リバークルーズランチ後の腹ごなしや、クルーズが混雑してるときは、順番待ちの時間潰しにもいいかもしれません。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

アンダビーチ

チョコレートヒルズやターシャで有名なボホール島ですが、ダイビングやシュノーケルなど海のアクティビティが充実、ホワイトサンドのきれいなビーチもあります。

一番有名な所がアロナビーチを始めとしたパングラオ島(ボホールと橋で繋がっています。)ですが、他にもホワイトサンドで有名なビーチがあり、それが今回のタイトルのアンダビーチになります。

こちらは、空港や港のあるタグビララン市内から車で2時間半近く掛かり、アクセスに難がありますが、その分騒々しさから解放され、ゆったりとビーチ滞在を楽しむのに適した所と言えます。

f:id:khgreen:20150227155706j:plain

リゾートの数もパングラオ島と比べると少なめですし、レストランやショップも見劣りはしますが、だからこそ静かにのんびりとリゾートで過ごしたい方にぴったりです。
離島のような、隠れ家的なリゾートをお探しの方にお薦めです。

f:id:khgreen:20150227164628j:plain

弊社でも日帰りのアンダツアーのプランがありますが、ロケーション的にも最低でも一泊された方がよりホワイトサンドを満喫できるでしょう。

数日ボホールに御滞在の方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

ボホール島ツアーは こちら をクリック

修復が完了したバクライオン教会

ゴールデンウィークも終わりに近づいていますが、今年の連休は、乾季で通常天気も安定している時期にも関わらず、生憎の天候となり、ツアーでも一部影響が出てしまいました。台風や熱帯低気圧でなかったのはまだ良かったですが、天気だけはどうにもなりませんね・・。

ともあれ、当ツアーも無事に今年の連休のツアーを催行することができました。御参加いただいたお客様、お問い合わせいただいたお客様、誠にありがとうございました。

ところで、5年前のボホール地震でかなりのダメージを負ったバクライオン教会ですが、長いこと修復に時間が掛かったものの、先日、ようやく完了しました。特に昨年は内部の修復のため、会堂内に入れなかったのですが、久しぶりに内部・外部共に見学できるようになりました。

f:id:khgreen:20180421151352j:plain

f:id:khgreen:20180421151829j:plain

修復後の内部は、しっかりと塗装がなされ、鮮やかになっておりますが、フィリピン最古の教会の一つとしての荘厳な雰囲気は変わらず、その場にいる人を厳粛な気持ちにさせます。

なお、バクライオン教会は、昼休みや休日等、見学ができない時間・日がありますので、見学をされる際は、十分注意してください。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

子猫保護

先日、近所の藪の中で泣きわめいていた雄の子猫を保護、そのまま我が家で世話をすることになりました。

子猫は生まれてから何日も経っていない様子なので、おそらく母猫からはぐれてしまったものと思われますが、保護した翌日くらいから我が家にも慣れて、一日の大半をぐっすりと眠りつつ、適時ミルクを飲みながら元気に過ごしています。
保護した時はまだ目が開けられない状況でしたが、今ではすっかり目も開くようになり、日々成長が感じられます。

子猫は茶トラのため、トラ之助と命名。既に我が家にいるニャー子(雌)とうまく折り合いがつくか心配でしたが、ニャー子も最初は警戒、戸惑いがあったものの、慣れてくると、スキンシップを取ったり、トラが喚くと心配した様子で見守っています。

f:id:khgreen:20180417194056j:plain

f:id:khgreen:20180416071655j:plain

f:id:khgreen:20180416071741j:plain

トラの成長と健康とともに、ニャー子と2匹仲良くやってほしいと願っています。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

ハンバーガースタンド

フィリピンのハンバーガーショップと言えば、ジョリビーが非常に有名で、老若男女を問わず大変な人気ですが、ボホール島にはタグビララン市内を始め限られた店舗しかありません。
実はこのジョリビーよりももっと安価で庶民的な店がありますが、これがハンバーガースタンドで、例えば写真のエンジェルスバーガーは、市内はもちろん、島内の各町の中心部に行けば大抵見つけることができます。

f:id:khgreen:20180403120356j:plain

このエンジェルスバーガーの場合、メニューは各ハンバーガーとホットドッグ類、ソフトドリンクのみですが、値段も大変安く、普通のハンバーガーで2個28ペソ。これでも値段はじわじわ上がっているのですが、お手頃価格には変わりません。

f:id:khgreen:20180403120432j:plain

混雑時は作り置きの物を渡されることがありますが、大抵は注文があってから作ってもらいます。(と言っても2、3分もあれば受け取れます。)

ハンバーガーはパテとバンズとケチャップソース等の調味料のみのシンプルなもので、大きさも直径10センチくらいの小ささですが、それでも2個食べるとそれなりにお腹にたまります。(写真参照。ブレててすみません・・。)

f:id:khgreen:20180403121146j:plain

f:id:khgreen:20180403121354j:plain

味もシンプルですが、まずまずといったところで、値段を考えれば十分なものと思います。

ツアーでも、手軽に昼食を済ませたいというお客様の場合によく立ち寄ることがありますが、郊外にもある上、24時間営業ですので、日本のコンビニ並みの便利さがあります。
かなり庶民的な所ですので、日本人にはちょっと取っつきにいかもしれませんが、御滞在の方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

セブのモールで満腹ランチ

ホーリーウィークの4連休真っ只中のボホールですが、まずまずの天候で各観光地も大盛況となっております。

ところで、先日のセブ出張ですが、用件がスムーズに終了したので、昼食がてら、久しぶりにロビンソンガレリアというモールに行ってきました。
ちょうどフェンテ・オスメニア辺りで最後の用件が終わったため、昔からあるロビンソンモールから無料のシャトルバス(写真)を使って、SMシティセブ近くにあるロビンソンガレリアへ快適に移動。

f:id:khgreen:20180321104454j:plain

ここのモールはアヤラやSMほど大きくはありませんが、そこそこの大きさで、他のモールに入っていないような店もチラホラ見かけます。開店してから2年少々ですが、まだ全ての店舗が埋まっていないようです。

f:id:khgreen:20180321104446j:plain

昼食は、モール内の和食店で豚の生姜焼き定食を注文。写真のとおりですが、見てください、このボリューム!天ぷらやサラダも付いています。

f:id:khgreen:20180321112958j:plain

この天ぷらがサクサクでまさに日本の天ぷら、美味しいです。主役の生姜焼きは、セブでよくある生姜焼きといった感じですが、それほど脂っこくないので、食べやすいと思います。
この後、小さなコーヒーゼリーまでついて、大満足。その分、値段はやや高めに思いますが、これだけの量と質なら納得です。

満腹になったところで、モール内をいろいろ探索しようと思いましたが、残念ながらその後すぐにボホールに戻る必要があったため、今回はこれにて撤収。また次の機会に、いろいろ回れたらと思っています。
ボホールも新しい店がどんどんできていますので、このぐらいの規模のモールができないかなあと期待しています(笑)。

ボホール島ツアーは こちら をクリック