読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼほるーとブログ

フィリピン・ボホール島に住むツアースタッフのブログです。

ツアー日誌 5-1 特別編&お客様御紹介

実際のツアーの様子を御紹介する「ツアー日誌」。
第5回目となる今回は、特別編としまして、20数名で御参加の団体のお客様のツアーと、お客様の御紹介をさせていただきます。

今回は一般的な観光バス(大型バス)をチャーター。
席がかなり余るかと思いきや、ゆったりくつろぐにはちょうどよい広さでした。

f:id:khgreen:20160305112413j:plain

◆開始(御迎え):タグビララン港(セブ島から高速艇御利用)
  ↓
◆ロアイリバークルーズ:今回はロボック川下流のロアイのクルーズを御案内。通称"カラマイ"と呼ばれる小型船を貸し切って、フィリピン料理ビュッフェを楽しんでいただきました。

f:id:khgreen:20160305125200j:plain

f:id:khgreen:20160305130031j:plain

弾き語りの歌い手さんと一緒に熱唱して大盛り上がり!

f:id:khgreen:20160305130709j:plain

  ↓
チョコレートヒルズ:天候が良く、見学にも写真撮影にもバッチリな当日のヒルズ。惜しむらくは、今頃本格化した2013年地震の修復工事で、見学スペースがやや手狭なこと。一日も早く工事が完了してほしいものです。最後は皆さんで記念撮影。

f:id:khgreen:20160305151647j:plain

f:id:khgreen:20160305151234j:plain

f:id:khgreen:20160305151524j:plain

  ↓
◆ターシャ:ヒルズとともにボホール観光では欠かせないターシャ。手のひらサイズのターシャに、かわいい、かわいいと御参加の皆さんも写真撮影に励んでおりました。
写真は、2本の幹の間に顔をうずめるターシャと、ターシャポーズでの記念撮影。

f:id:khgreen:20160305160939j:plain

f:id:khgreen:20160305161939j:plain

  ↓
◆終了(御送り):タグビララン港

今回は、時間の関係で主要3ヶ所のみのツアーとなりましたが、道中のバスでも大盛り上がりで、楽しんでいただけた御様子に、スタッフ一同、大変嬉しく思いました。

通常少人数のお客様を御案内することが多い当ツアーですが、団体のお客様のツアーも喜んで承ります。お問い合わせ・お見積り、お気軽に御相談ください!

なお、長くなりましたので、今回御参加のお客様につきましては、次の投稿にて御紹介させていただきます。

ボホール島ツアーは こちら をクリック