読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼほるーとブログ

フィリピン・ボホール島に住むツアースタッフのブログです。

ツアー日誌 4

実際のツアーの様子を御紹介する「ツアー日誌」。
久しぶりとなる第4回目は、6名様のツアーの様子を御紹介します。

◆最初の写真は、ツアー道中でしばし見学した、カラバオ(水牛)の様子。

f:id:khgreen:20151123144032j:plain

◆開始(御迎え):タグビララン港(セブ島から高速艇御利用)
  ↓
◆血盟記念碑:スペイン総督レガスピとボホール首長シカツナらの銅像と一緒に写真を撮るのが定番スタイル。写真撮影の際、お客様がカブトムシ(ヒメカブトムシ?)を発見。

f:id:khgreen:20151123103346j:plain

  ↓
◆バクライオン教会:フィリピンで一番古い教会の一つですが、大聖堂の一部や2階にある博物館の他は、2013年の震災による修復の途上で、今も鋭意作業が進められています。

f:id:khgreen:20151123105156j:plain

  ↓
◆ロボックリバークルーズ:お昼御飯は御馴染みのランチ付のリバークルーズ。ビュッフェスタイルのフィリピン料理で、フルーツやネイティブスイーツもあります。

f:id:khgreen:20151123114836j:plain

  ↓
チョコレートヒルズ:ボホール観光では外せないチョコレートヒルズ。この日も天候が良く、バッチリ見学できましたが、ヒルズの成り立ちについて、しばし皆で意見交換・・。

f:id:khgreen:20151123140539j:plain

  ↓
◆ターシャ:これまた必須観光地のターシャですが、昔のように手に乗せたり、間近で観察することができないのがネック。大変繊細な動物なので、この辺はやむを得ないでしょう。

f:id:khgreen:20151123151800j:plain

  ↓
◆吊り橋:ロボック川に架かる竹製の吊り橋。やや揺れますので、バランスに気を付けて渡ります。対岸にお土産屋があり、突然の雨に雨宿りも兼ねて、しばし滞在。

f:id:khgreen:20151123155559j:plain

  ↓
◆終了(御送り):タグビララン港

以上、約7時間のツアーでしたが、定番観光地ながらボホールの自然や文化、歴史などたっぷり堪能していただき、時間が足りないくらいに・・。

当ツアーは車両貸切のため、お客様のペースに合わせて御案内することが可能です。当ツアーで、お客様だけのボホール観光をお楽しみください!

ボホール島ツアーは こちら をクリック