読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼほるーとブログ

フィリピン・ボホール島に住むツアースタッフのブログです。

アロナ飯

ボホールのパングラオ島は、セブのマクタン島と同じような本島と橋で繋がった出島のような所で、やはりマクタンと同様に、リゾートやビーチがたくさんあります。

その中でも一番有名なのがアロナビーチ。公共のビーチですが、リゾートやダイビングショップ、レストラン等がひしめき、たくさんの外国人観光客が思い思いに過ごす様子は、同じボホールでも、ここだけ違う場所のように感じますね。

私たちも先日の引越しで、ついに(?)パングラオ島に上陸。アロナやリゾートエリアからはやや距離がありますが、それでも以前よりはかなり近くなりましたので、機会があるごとにアロナの食事処を調べてみようと思っています。

既にいくつかのレストランを回っていますが、市内と比べると、外国人向けの料理や味付けが目立つように感じます。その分値段も外国人価格になってしまいますが、それでも外国人には敷居が低いかなと思います。

(写真は、ビーチ沿いのレストランでピザを注文したときの様子。)

f:id:khgreen:20160928155623j:plain

f:id:khgreen:20160928155636j:plain

今後、お薦めのお店等、紹介できればと思っています。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

ポケットwifi

先日、自宅に設置してあるインターネットが突然接続できなくなり、業者に確認してもらったところ、旧サービスが新居のエリアで運用停止となり、改めて新サービスでの契約をし直す必要があるとのこと!
引越し時にネットを使えるようにしてもらったのですが、その際に新サービスのことなどがあやふやなままに放置されていたことが原因かもしれませんが、それにしても・・(苦笑)。

いずれにしても、ネットがないと仕事や情報収集等いろいろと支障をきたしますので、早速サービス再開の手続きを取りましたが、再開までに結構時間が掛かるようですので、それまでの代替措置として、初めてポケットwifi(写真)を購入。

f:id:khgreen:20161018161324j:plain

今回購入したものは、Globeというプロバイダのもので、比較的リーズナブルでかつプロモのため888ペソ。プリペイド式のため、ロードを購入して、料金プランを設定します。Globeのプリペイドは初めてで設定の仕方がよくわからず苦労しましたが、やり方がわかると実に簡単なものでした(苦笑)。

料金プランは利用期間や使用量により様々ですが、今回は499ペソのプランで設定してみました。基本的に従量制で、今回のプランですと30日3Gまで使えるようですが、たぶん半月もたないような・・。

使用量を気にしながらというのが難点ですし、スピードも従来のサービスより遅いですが、ともかくネットが利用できることに感謝しつつ、従来のサービス再開を心待ちにしている今日この頃です。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

飼いヤギの近況

この夏に家を引越したのですが、それまでに、友人・知人に譲ることで、飼いヤギを5匹にして、何とかヤギ達も移動させることができました。

しかし、引越し後、譲った先で野犬が出るようになったとのことで、ガオ(雄)とべこ(雌、同2枚目、後ろは姉妹ヤギの小麦)が程なく出戻りとなったため、総勢7匹に。(ガオ、小麦、ベコの3匹は、今年の年明けに生まれた三つ子。)
(ガオ)

f:id:khgreen:20160929142807j:plain

(べこ、後ろは姉妹ヤギの小麦)

f:id:khgreen:20160905162441j:plain

さらに先月には、妊娠していたチャコが双子の子ヤギを出産し、9匹となってしまいました。

なお、産まれた子ヤギは、姉(ぴょん子)と弟(コロ助)という組合せ。
(左:ぴょん子、右:コロ助、後ろは母ヤギのチャコ)

f:id:khgreen:20160913130526j:plain

(ぴょん子)

f:id:khgreen:20161002161001j:plain

コロ助

f:id:khgreen:20161002161016j:plain

活発でしっかり者の姉とちょっとおっとりした弟といった感じの2匹で、当初はなかなか私たちにもなついていませんでしたが、今はしっかり飼い主として認識(?)してくれているようです。

子ヤギ達が元気に成長してくれることを願いつつ、しばらくはたくさんのヤギ達を世話することになりますが、楽しみながら取り組んでいきたいと思っています。
幸い、新居の周辺はヤギのための草場が充実しているので、ヤギ達も毎日満腹で帰ってくるのが何よりです。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

台風の無い夏

久々の更新、お待たせいたしました。
この夏は、ラニーニャ現象の影響でいつも以上の台風や雨が強まるものと懸念しておりましたが、未だエルニーニョが頑張っているようで、ほとんどフィリピンには台風が来ておりません。(この影響で、日本に連続して台風が来る羽目に・・。)

そんなことで、比較的安定した天候でツアーを催行することができまして、特に先月はたくさんのお客様に当ツアーを御利用いただくことができました。
御利用いただいた皆様、お問合せいただいた皆様、誠にありがとうございました。

この夏はATV(バギー)に行かれるお客様が多かったのですが、最近、バギーはいつでも盛況なようで、定番観光地といってもいい状況になっています。

f:id:khgreen:20160421105314j:plain

また、この夏からロボックにあったターシャ見学場所が、ビラーという町に移転。マンメイドフォレストを挟んで、車で5~10分程度の距離ですが、新たな施設でターシャの見学がお楽しみいただけるようになりました。(料金お一人様60ペソ)

f:id:khgreen:20160802110759j:plain

9月に入って、各観光地も少し落ち着いてきたようですが、台風が少ないため、この時期でも、船の欠航等心配なく、ボホール観光をお楽しみいただけそうです。皆様のお越しをお待ちしております。

今後とも、ぼほるーとツアーをどうぞよろしくお願いいたします。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

トゥビゴン港

セブ・ボホール間移動の際のボホール側の港としましては、州都のあるタグビララン港が一般的ですが、トゥビゴンという町にある港も利用することができます。

セブ港・トゥビゴン港間にも高速艇があり、所要時間は片道で1時間程度と、タグビララン港利用の場合の半分くらいの時間で済み、その分船代も安くつきます。(ただ、それだけローカル色も強いように思います。)
安価に効率よく(セブからの日帰り)ボホール旅行を楽しまれたい場合は、こちらの港もよいかもしれません。

なお、当ツアーは基本的にタグビララン港を起点にツアーを組んでいますが、トゥビゴン港のピックアップ等にも対応いたします。
ただし、トゥビゴンから当社のあるタグビラランまでは車で1時間以上掛かりますので、ツアーの際は別途追加料金が必要になります。あらかじめ御了承ください。(詳細は、別途お問合せください。)

(写真は、トゥビゴン港の様子。建物外観はタグビララン港とそっくりです。デッキ等はまだ改修工事中です。)

f:id:khgreen:20160716091611j:plain

f:id:khgreen:20160716092635j:plain

ボホール島ツアーは こちら をクリック

在外選挙

任期満了に伴う参議院議員選挙が公示され、選挙戦がスタートしました。皆様は投票する候補者や政党は決まりましたか?
私はボホールに住んでいますが、在外選挙の登録(事前登録が必要です)により、投票に参加することができます。

今回の参院選につきましても、公示後、早速、在外公館(大使館や領事館等)投票が始まり、仕事の合間を縫って、先日、セブの領事館まで投票に行ってきました。
(写真はセブの領事館が入っているケッペルビル。アヤラの近くです。)

f:id:khgreen:20160624100502j:plain

事前に投票用紙を請求すれば郵便での投票もできるようですが、私としてはこういうことでもないとセブに行く機会が無いので、投票をしつつ、美味しい食事と買い物を楽しんできました。(こっちがメイン?(笑))

いずれにしましても、海外生活でも母国の選挙に参加できますので、ぜひこうした制度を有効に活用していただきたいと思います。

ボホール島ツアーは こちら をクリック

牛丼・・?

先日、久し振りに行ったタグビララン市内のカフェレストラン。メニューが大幅に改定されていて、わずかながらも日本食まであったので、思わずその中にあった牛丼を注文してみました。

まあ、日本食の専門店ではないので、いわゆる日本で普通に食べられる「牛丼」とはかなり違うものだろう、とあまり期待していなかったのですが、出てきたのは写真のとおり。

f:id:khgreen:20160612012034j:plain

肉が薄切りではなく、単に小さめにカットしてあるもので、見た目も食感もちょっと違います。(ボホールのスーパーでは、薄切り肉を売っていません・・。)また、こちらの牛肉は固いのが特徴ですが、やはり固めの食感。まあ、この辺は仕方ないですね・・。

とは言え、甘辛の汁で、それなりに牛丼というか和食っぽくしてあって、味も悪くありませんので、100ペソ台の価格ということを考えれば、これはこれでいいかな、という気もしました。

ただ一つ問題だったのが、甘辛の汁が超濃厚で、しかもつゆだくだったこと!濃厚汁にひいひい言いながら、何とか完食しましたが、この濃さだったら、汁をかなり少なめにしないと日本人的にはアウトかなと思いました。(フィリピン人的には問題なしかもしれませんが・・。)

ボホールの外食は、とにかくレパートリーが少ないのが厳しいですが、最近、店もメニューも増加していますので、質の向上もあわせて期待したいところです。

ボホール島ツアーは こちら をクリック